健康管理を見直して冷えない体を

疲労が取れない理由 疲労が取れない、冷え性で冬や時期や夏の冷房が辛い、血行が悪くて体がむくむなど、現代日本において体の不調にお悩みの方が増加しています。

毎日を健やかに過ごすために健康管理は重要ですが、その中でも平熱をあげることの大切さを感じている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか 最初にあげた体の不調は、平熱をあげることでほとんど解消できると言っても過言ではありません。

36.5度以下は低体温だと言われますが、平熱をあげることで体の血行が良くなり、さまざまな効果が期待できます。

体温を上げるには 健康管理の為に体温を上げる方法として一番いいのは、筋肉をつけることです。

女性の中には筋肉がつきすぎることを心配する方もいらっしゃいますが、ボディービルダーのような訓練をしない限り、見た目にも重たい筋肉がつくことはまずありません。

できる範囲で腹筋や背筋などの筋肉トレーニングや、1時間ほどのウォーキングを心がけましょう。

また、喉が渇いたら冷たいドリンクではなくあたたかい飲み物をとる、毎日お風呂で湯船につかるなども大切です。

毎日の健康管理が、快適な日常生活の鍵となります。

自動車保険の更新時に費用を安くする方法はこちらをチェック

健康管理について

最近健康について思うこと 私が最近健康について思うことは、やはり年齢によって健康についての気をつけかたを変えていくことが大事だということです。

同じことをしても今までは、疲れなかったのに、疲れるようになったとか、風邪の治りが遅くなったとか、関節の痛みなど今までなかったことが起きてきます。

その現状を把握し、対策を考えていくことが必要なのではないかと思うのです。

年齢によった健康管理をしていくことが大事なのではないでしょうか。

年々健康管理を変えていく 健康管理方法はテレビや雑誌などで、よく取り上げられていますので、それを参考にしながら自分に合った方法を探していく、また年齢ごとの健康法なども取り上げられているので、取り入れていくことが必要ではないでしょうか。

健康診断も大事ですね。

人間ドックでも年齢別に検査項目で受けたほうが良いというものもあるようですから、積極的に受けてほしいです。

年を重ねることは経験や知識を蓄積していくことではありますが、同時に健康管理の重要さも増していくものであります。

長生きのためにも気を付けていきましょう 。

http://www.zutto-kirei.com/

ビール好きさん必見のダイエット方法

私は20代後半の標準体型の女性です。

体重が20歳の頃より徐々に増え、代謝が落ちたのか痩せにくくなってきました。

そんな私が1ヶ月で3キロの減量に成功した方法があるのでご紹介します。

ビール

その方法とはビールダイエットです。

やり方は、ビール350ml缶を夕食時に1本、風呂上がりに1本飲むという方法です。

一見、逆に太ってしまいそうですが、ビールのカロリーの約2/3はアルコールで、アルコールのカロリーは体内に吸収されないとされるエンプティカロリーですので、夕食時や風呂上がりにアイスクリームを食べるよりも1日の総摂取カロリーが少なくなるため、痩せることが可能となります。

私はビールが好きなので、1日の終わりに美味しいビールが待っていると思うと、間食が少なくてすみ、1日の総摂取カロリーが少なくなったことで痩せることができました。

また、我慢しているという感覚がなく、ストレスがたまらないため、暴食せずにすみます 他に私が気をつけていたことは、1日の総摂取カロリーを1600キロカロリー未満にする、野菜多めの食事を3食しっかり食べる、習慣のヨガを毎日10分程度する、ビールで食欲が促進してきたらお風呂に入る、週に1日はノンアルコールビールに置き換える等です。

どんなダイエット法も相性があると思いますが、この方法はビール好きの方はストレスなく楽しみながらできると思いますので、是非試してみてください 。

絶対に損をしない引越し業者の選び方

健康には気を遣っている我が家の食生活

“甘いものが大好きな私ですが、最近は家族と自分の健康を考え、食事は野菜中心の食事を作るようにしています。
朝食は簡単にトーストと生野菜、野菜ジュース、ヨーグルトを食べ、昼食は簡単な残り物で作るチャーハンや焼きそば、昨晩残ったおかずで済ませることもあります。
そして夜食は、温野菜をメインとした野菜炒めや温野菜サラダ、お肉料理にはチキンをメインにした照り焼きチキン、ささみのチーズ焼き、時に豚肉の生姜焼きを作ることもあります。
肉料理より魚料理の方が低カロリーで、健康は良いとされるのですが、なかなか新鮮なお魚が売っていませんし、魚料理のレパートリーも定番しかないため、あまり魚料理を作ることができません。
私は基本的に嫌いな食べ物はありませんが、とにかく甘いものには目がなく、夜食後には毎日甘いものを食べずにはいられません。
特にチョコレートが大好きなので、食べる時は板チョコ1枚にポテチなど、夜遅い時間に食べてしまいます。健康やダイエットに悪いと分かってはいるものの、それだけがどうしても止められないのが私の悩みです。
外食はほとんどすることがありませんが、月に1度くらい、大好きな回転寿司に行く程度です。”

夕食の量やメニューに気を付けています。

“私は朝食にパン、昼食と夕食にご飯を食べるようにしています。
朝はパンだと作る必要がないので便利です。

昼食は1日の中でも一番活動時間帯なので、量も多く食べます。
しかし、夕食は特にご飯の量を減らして、消化に良い状態にしています。

夕食のご飯の量を減らすことで、食事の時間も削減でき、しかも睡眠の質も上がるようになりました。

間食は午前と午後の2回摂ることが多いですが、午後の間食は軽食にしています。
軽くご飯を食べておくことで、夕食を減らすことができ、しかも真夜中にお腹が空くこともありません。

食事は野菜を中心に食べています。
以前はタンパク質が少なかったので、最近は意識して摂るようにしています。

炭水化物が多くなりすぎないように、御飯は茶碗に1回に1杯までと決めています。
夕食時にお酒を飲むこともありますが、続くと太ってしまうので、たまに飲む程度にしています。